商品案内

『綿屋』の由来

「金の井」と「綿屋」の由来
       

『綿屋(わたや)』は、代々商家を営む三浦家が、養蚕業を営んでいた頃の「屋号」です。

大正4年、無類の酒好きだった三浦順吉が「綿屋酒造店」として酒造業を始めた頃、銘柄は『金の井(かねのい)』でした。平成8年になると、四代目(現蔵元の三浦幹典)が家業を継ぎ、自ら蔵に入り酒質を一新、主要銘柄を『綿屋』としました。

商品ラインナップ

純米酒

特別純米酒

純米吟醸

純米大吟醸